スペシャリティクラス(詳細)

前回の続きで、スペシャリティークラスについて、
説明させていただきますね。

スペシャリティークラスは、エントリー資格などにより、
以下に分かれています。エントリー頭数が多い場合には、
ホブジルに分かれることがあります。

ハンディキャップクラス以外のクラスは、
タイトルクラスと重複エントリーが可能です。


年齢など、詳しいエントリー資格につきましては、
参加規程をご確認下さい。

●プレミアインビテーショナルクラス
●コンパニオンプレミアインビテーショナルクラス
過去2年間のタイトルクラスの各リングで、
1位またはベストインショーを受賞した経験を持つフェレットだけが
エントリーできます。

今回、対象となる主なフェレットショーは、以下になります。
DRF主催:SpringFerretShow2014(2014年4月)
       AutumnFerretShow2014(2014年10月)
       SpringFerretShow2015(2015年4月)
       AutumnFerretShow2015(2015年11月)
※コンパニオンプレミアインビテーショナルクラス は、
上記条件に合わせ、生後3ヶ月以内で去勢・不妊された
(=コンパニオン)フェレットだけがエントリーできます

審査は骨格、筋肉、脂肪、お手入れ、性格など、
タイトルクラスに準じて行われます。

●スーパーシニアクラス
●コンパニオンスーパーシニアクラス
ショー当日時点で、5歳から6歳半までの
コンディションの良いフェレットがエントリーできます。

※コンパニオンスーパーシニアクラス は、
上記条件に合わせ、生後3ヶ月以内で去勢・不妊された
(=コンパニオン)フェレットだけがエントリーできます

高齢のフェレットは体調が変わりやすいため、
決して無理してエントリー、参加しないようにご注意ください。

審査は骨格、筋肉、脂肪、お手入れ、性格など、
タイトルクラスに準じて行われます。

●ハンディキャップクラス
タイトルクラスで失格または出場不可である身体的な要因を持っている
(身体のあるべき部分が欠落していたり、病気、事故が原因で、
何か後遺症が残ってしまっているなど)フェレットが、
去勢・不妊手術の有無に関わらずエントリーできます。
※チャンピオンシップにエントリー可能である場合は、エントリーはできません。

なお、このクラスはハンディの度合を審査するものではありません。
ハンディを負いながらも日常のケアがしっかり行われているか、
またコンパニオンアニマルとしてのしつけがなされているかどうかという点に
重点をおき審査します。各カラーの色分けはありません 。
※生活にあまり支障がないハンディのフェレットでも、エントリーできます。

●レスキュー&シェルタークラス
何らかの事情によりオーナー様が変わったフェレット、
保護されたフェレットや、シェルターからお迎えしたフェレットなどが
エントリーできます。有償無償は問いません。
ペットショップでの売れ残りを保護の目的で購入した場合など、
オーナー様が保護したと判断した場合も含まれます。

審査は骨格、筋肉、脂肪、お手入れ、性格など、
タイトルクラスに準じて行われます。

文字ばかりの説明になってしまいましたが、
もし、わからないことなどございましたら、
左記お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

スペシャリティークラスには、●カラースペシャリティークラス
もあります。
こちらにつきましては、たくさんの部門に分かれていますので、
また次回ご説明させていただきますね。

スポンサーサイト
エントリー | トラックバック(0) | 2016/03/22 23:59