パンダ・ブレイズ、ポイント、ファンシー、アンゴラ

●カラースペシャリティークラス

各カラー部門のスタンダード基準(AFA)です。
※写真は、あくまで参考写真です

10.パンダ・ブレイズ
〔パンダ〕
ボディカラー:どのカラーも可、
額から頭の付け根までがすべて白い
目:ワイン色 鼻:ピンク
マスク:なし、薄い目の周りの模様は容認される
ミット・ビブ・ニーパッチ:あっても良い
パンダ
©Copyright 2007. American Ferret Association, Inc. All Rights Reserved

〔ブレイズ〕
ボディカラー:どのカラーも可、
額の中央より頭の付け根にかけて白いラインが入っている
細いラインや頭の上の白い斑、ちぎれたブチは×
目:黒~ワイン~ルビー色 鼻:どのカラーも可
マスク:なし、アイパッチは容認される
ミット・ビブ・ニーパッチ:あっても良い
ブレイズ
©Copyright 2007. American Ferret Association, Inc. All Rights Reserved

11..ポイント(アメリカンポイント・サウスポイント)
ボディカラー:手足が薄茶~茶~黒 、お腹が白~クリーム
お腹の色と手足の色とのコントラストがある
目:黒~ワイン色 鼻:どのカラーも可
マスク:Vマスク、バットマンマスク
シャンペンポイントの場合は、マスクなしも可
ミット・ビブ・ニーパッチ:なし
ポイント
©DragonRisesFerretry
ポイント2 ポイント6
©DragonRisesFerretry ©DragonRisesFerretry
ポイント3
©DragonRisesFerretry
ポイント4
©DragonRisesFerretry
ポイント5
©DragonRisesFerretry

12.ファンシー
いずれのカラーパターンにも属さない
ボディカラー:どのカラーも可
目:黒~ワイン色 鼻:どのカラーも可
マスク:あってもなくても可
ミット・ビブ・ニーパッチ:あっても良い
ファンシー
©DragonRisesFerretry
ファンシー2
©DragonRisesFerretry

13.アンゴラ
毛長種の血統のもの、セミロング・ショートヘアも認められる
ボディカラー:どのカラーも可
目:どのカラーも可 鼻:どのカラーも可
マスク:あってもなくても可
ミット・ビブ・ニーパッチ:あっても良い

カラースペシャリティは、出場時にキャリー等は必要なく、
フェレットちゃんはオーナー様が抱っこして、
エントリーNo.が呼ばれたらジャッジに手渡ししていただきます。

審査のポイントは毛並み、毛の汚れ(黄ばみ等)、
カラーパターンのスタンダードにどれくらいあっているかなどで、
タイトルクラスで審査される骨格や筋肉、脂肪、性格などは
審査の対象ではありません。

審査が終わると、フェレットちゃんは手渡しで
オーナー様へ返されます。

審査後に渡されるコメントカードには、 評価の他、
これからのアドバイスなども書かれていますので、
今後のケアの参考になることでしょう。

日頃自分では気づくことのできないことや、
この後のフェレットの飼育の参考になる何かを
ショーを通して見つけていただけたら、幸いです。

タイトルクラスとの重複エントリーも可能ですので、
ぜひ、お気軽にエントリー下さい。
スポンサーサイト
エントリー | トラックバック(0) | 2016/03/25 20:55