FC2ブログ

【補足】カラースペシャリティについて

カラースペシャリティクラスに新設された「ローン」クラスについて、
改めてご案内させていただきます。

今回「ローン」クラスを新設しました背景には、
毛替わりによって様々なバリエーションに変化するフェレットの毛色について、
従来のカラースペシャリティーのカテゴリーではどこにも所属しえない
カラーパターンになってしまうフェレットちゃんが、どうしても「ファンシー」に
エントリーすることになってしまう現況を、少しでもそれが解消されればと
いう思いがあります。

「ローン」とはメインの毛色の割合が、おおよそ40~60%程度あるもの
を示します。
メインの色は黒系、こげ茶系、茶系、クリーム系、シャンペン系、
いずれもあり得ます。ミットのあるなしは問いません。

カラースペシャリティーにエントリーされます場合は、
以下の記述や写真を参考にしてください。
blackmitt-dew

「ブラックミット」&②「ブラックローンミット」
※①と②は同じクラスで審査されます。
一般的に、国内で販売されているシルバーミットと表現されている
おそらく、濃いめのシルバーミット・薄めのシルバーミットが
が該当すると思われます。(黒毛が60~90%)
90%以上黒毛のミットももちろんこのクラスでのエントリーになりますが、
実際、日本ではほとんどいないと思われます。
ブラックローンミット濃
ブラックローンミット薄

「ローン」
お迎え当時は、上記のいわゆるシルバーミットやパンダブレイズ
に該当する毛色の子が、年齢とともに白毛が増えてきて、
いわゆる濃いめの霜降り状態になった場合も該当します。
おおよその黒毛の割合が40~60%の場合は、
ミットも明確でなくなってくる可能性もありますので、
このクラスへのエントリーが妥当かと思われます。
ローン
シャンペンローン濃
シャンペンローン薄

こちらのクラスは黒系以外にこげ茶(セーブルローン)、
茶系(チョコレートローン)、クリーム系やシャンペン系(シャンペンローン)
の子もミットがあるなしに関わらずエントリー可能です。
パッと見、白くは見えない場合は、このクラスです。

「ダークアイドホワイトパターンド」
過去に毛色のパターンを持っていたが、今はほとんどが
白毛になったフェレットちゃん。
メインの毛色が40%を切ってきている場合はこのクラスになります。
薄い霜降り状態になった場合、パッと見、
白っぽく見える場合はこちらになるかと思います。
ホワイトパターンド
ホワイトパターンド

「ダークアイドホワイト」
このクラスは従来通り90%以上が白い毛になりますが、
現時点では④⑤は同じクラスでの開催となります。

したがって、パッと見白く見えるけど、
黒や茶の差し毛が10%以下になってるもの、
しっぽ~背中にかけて帯状に黒毛がある場合
(一般的にマークドホワイトと言われるもの)、
ほとんど白毛になっているもの、もともとの純粋に白い子、
すべて、このクラスにエントリーできます。

ただし、目の色はバーガンディー(葡萄目)まではOKですが、
アルビノとの区別はつけますので、
赤色~ピンク色の目の場合はカテゴリー外になります。

いずれにしましても、細部にわたって上記の分類に、
厳密に縛られるものではありません。
訓練を重ねているジャッジでも迷う、ジャッジ泣かせのケースは
多々あります。
ましてやフェレットは、季節により毛色のパターンが変化します。

おおよその印象で該当クラスへエントリーしていただき、
迷う場合は、当日朝のカラー変更デスクでご相談されることを
お勧めいたします。

また、フェレットショーにおいては、
カラーパターンごとに審査をされますが、最大のポイントは、
日頃のお手入れや健康状態が反映される毛質の良さや、
毛の黄ばみ・汚れなどであり、最も点数に影響があります。

カラーパターンでの点数は、よほどのカテゴリー外でない限り、
致命的な減点にはならないだろうということ、
多少カテゴリーに外れている場合(マスクや毛色、差し毛の入り方、
ミットやビブの入り方)でも、毛質が抜群によければ、
そちらの方の点数が跳ね上がり、
想的なカラーパターンのフェレットちゃんより、上位入賞することが
あり得えますこと申し添えます。

ご不明な点がある場合は、お気軽ににお問い合わせフォームより、
お問い合わせください。

よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



お知らせ | トラックバック(0) | 2017/08/25 11:56