スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

New Year Ferret Show 2013 結果速報!

お待たせいたしました!
先日のフェレットショーの結果速報がアップされました。

結果速報 タイトルクラス

結果速報 スペシャリティクラス

また、AFA公認タイトルクラスジャッジより全体的な総評が届いていますので、掲載します。
今後のお世話の参考にしてください。


今回のフェレットショーは日本国内の開催では、初めての1月開催でした。季節柄、冬毛になり脂肪もついてくる時期ですので、全体的に良いコンデションのフェレットちゃんが多かったです。オーナー様にとっては良い状態で評価をしてもらえるので、良いチャンスだったと思います。フェレットの良い状態のひとつの基準を理解することができると思います。

一方、2~4歳のフェレットちゃんで脂肪の多い子が比較的目立ち、少し気になりました。フェレットの毛変わりの時は、ほぼ同時に脂肪や筋肉もついてきます。従って、この時期に体調を整えることが大切です。ただ、この冬毛に変わる時期に脂肪の多い食事を与えすぎると、脂肪が過度につきすぎる可能性もありますので、注意が必要です。また、この時期に適度な運動をさせ、筋肉をつけることも大切です。

1歳の若いフェレットちゃんはベビーファット(平均的に約6~8ヶ月頃)の時期をすぎ、ここで適度な筋肉をつけていきますので、最初に迎える冬場の運動は大切です。蛋白質が多く、適度な脂肪のあるフードを与えてください。そして、1歳のフェレットちゃんは、この頃までに、人間との関わりが確立されていきます。いっぱいスキンシップをし、思いっきり遊んであげてください。そして、コンデションが良くて当たり前ですので、この時期のお手入れなどとても重要です。

4歳以上のシニアフェレットちゃんは、インスリノーマや副腎疾患などのフェレット特有の病気が発症しやすくなりますので、年齢に応じたフード、適度な遊びを心がけてください。特に、人間と同じで、シニア世代の脂肪の付きすぎは骨格の変形や骨密度の低下、内蔵疾患を助長しますのでとても大切です。一旦、付いた脂肪を燃焼させるには、心拍数が上がるような運動が必要になりますので、実際シニア世代のフェレットには難しいです。したがって、4歳までに脂肪をつけない工夫が必要です。

スポンサーサイト
ショー全般 | トラックバック(0) | 2013/01/22 23:20

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。