スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

オータムフェレットショー2013(入場~カラー変更デスク)

さあ、フェレットショー当日です。

天気予報どおりの雨

今回の会場は名古屋市の中心部での開催のため、
駐車場事情が大変厳しく、
ご参加の皆様にはご足労をお掛け致しました。

ずぶ濡れで会場入りされるオーナー様の姿も
お足元のお悪い中、ご来場、本当にありがとうございました。

受付では、入場券の確認、必要書類の受け渡し、そして
入場するフェレットのジステンパーワクチンの接種を
該当期間中に受けているか、証明書の確認があります。
また、入場されるみなさまには、手指の消毒をお願いしています。
※これらは、みなさまの大切なフェレットの健康を守る為の
 配慮ですので、今後も徹底してご協力お願い致します。
オータムショー(受付)

そして、もう1つ大切なことが、
獣医師による、入場するフェレットの健康チェックです。
今回も、きらら動物病院の先生がお手伝い下さいました。
オータムショー(獣医チェック)
オータムショー(獣医チェック)2

入場後は、それぞれ、席を確保され、
フェレ友さんとの談話やブースでのお買い物、
ショーにエントリ-しているフェレットのお世話などをしつつ、
審査開始をお待ちいただくことになります。
オータムショー(会場)

実は、この時間にしかできない大切なことが、
カラースペシャリティにエントリーしたフェレットの為の、
「カラー変更デスク」です
オータムショー(カラー変更デスク)

フェレットは毛換わりでカラーが変わることがよくあります。
お迎えしたときにお店で聞いた毛色と、エントリーするクラスが
違うこともありますので、「カラー変更デスク」では、
AFA公式認定ジャッジが、フェレットちゃんを拝見し、
出場に適したクラスをアドバイスさせていただいております。

エントリー受付後のカラー変更は、当日朝の、
この「カラー変更デスク」でしかできませんので、
ご注意を

今回もエントリーカラーの相談に、
多くのオーナー様がご利用されていました。
オータムショー(カラー変更デスク)2

そうこうするうちに、
あっという間に、審査開始の時間がやってきました。
スポンサーサイト
ショーレポート | トラックバック(0) | 2013/10/28 00:33

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。