スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/-- --:--

オータムフェレットショー2013(スペシャリティクラス)

タイトルクラスから少し遅れて、
スペシャリティクラスの審査も始まりました

このクラスにも、150頭超のエントリーがあり、
6名のAFA公式認定ジャッジにより審査が進められました。

スペシャリティクラスには、
『カラースペシャリティ』『ハンディキャップ』『スーパーシニア』
『プレミアインビーテーショナル』があります

『ハンディキャップ』『スーパーシニア』そして、
過去2年間のタイトルクラスの各リングで、1位または
ベストインショーを受賞した経験をもつフェレットがエントリーする、
『プレミアインビーテーショナル』では、タイトルクラス同様に
性質(しつけ)、ケア、骨格、筋肉など総合的な面での審査が
行われました。
オータムショー(スペシャリティクラス)

『カラースペシャリティ』では、カラーやパターン毎にクラスが分かれ、
毛並みや汚れなどを重点的に審査されます。
オータムショー(スペシャリティクラス)2
オータムショー(スペシャリティクラス)3
オータムショー(スペシャリティクラス)4
オータムショー(スペシャリティクラス)5

こちらのクラスは、タイトルクラスと違い、
オーナー様がエントリーフェレットを抱いたまま、審査の順番を
待ちますので、同じカラーのフェレットのオーナー様同士が
仲良くお話されていたりしました
オータムショー(スペシャリティクラス)7

スペシャリティクラスも、審査後にコメントシートが渡されます。
『カラースペシャリティ』では、審査項目を細かく分けたチェック式
ですので、より分かりやすくなっていたことと思います

さて、審査が終わると、いよいよ表彰式となるのですが、
次回は、その前に、みなさまが楽しみにしていただいている、
ブースやアトラクションについて、お伝えしますね。
スポンサーサイト
ショーレポート | トラックバック(0) | 2013/10/29 13:55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。